腫瘍外来

shuyou_header

頭頸部癌について

頭頸部癌は頸から上で脳と眼球を除いた領域に発生した癌をいいます。癌全体の約5%を占め、具体的には舌癌、下咽頭癌、中咽頭癌、上顎洞癌などがそれに該当します。頭頸部領域は発声や摂食・嚥下といったヒトの生活の質(Quality of Life: QOL)に直接関わる領域であり、治療によるそれらの機能損失は、治療後のQOLに大きな影響を与えます。当科では、癌治療の根治性とQOL維持のための機能温存の両立を目指しつつ、化学療法、放射線治療、手術の3者を組み合わせた集学的治療を行っています。

当科での頭頸部癌に対する取り組み

  • NBI内視鏡を活用した早期癌の発見
  • 喉頭機能温存を目的とした放射線化学療法
  • 咽頭表在癌に対する内視鏡的咽喉頭手術(ELPS: endoscopic laryngo-pharyngeal surgery、消化器内科と共同で施行)
  • 進行癌の広範囲切除症例に対する遊離空腸・遊離腹直筋皮弁・前腕皮弁等を用いた機能再建手術
  • 進行上顎洞癌や一部の手術不能症例などに対する超選択的動注化学療法(核医学科と共同で施行)
  • 従来の放射線に抵抗性を持つ一部の頭頸部癌に対する重粒子線治療(放射線科や重粒子線医学研究センターと協議しながら症例に応じて適応しています)
  • 他診療科と合同で行うキャンサーボード
  • 歯科口腔外科、リハビリテーション部、緩和ケアチーム等の他科・多職種との連携
PAGETOP