大学院への進学

daigakuinhenoshingaku_header

博士号を取得する

daigakuin医学博士号取得の希望がある場合は、大学院へ進学することも可能です。

耳鼻咽喉科教室での研究だけでなく、提携する基礎医学教室での研究、国内・国外への留学など、様々な選択が可能です。

医学博士号は医師として一生の財産となります。将来のキャリアアップに繋がるだけでなく、研究を通じて論理的思考、英語論文執筆、統計学、情報収集・分析など様々な能力を身に付けることが出来ます。

また、臨床業務から少し距離を置くことで、医師としての自分を見つめ直す良い機会にもなります。

就学の形態について

群馬大学大学院医学系研究科では、一般入試と社会人入試の2つの形態で受験生を募集しています。

一般入試の場合は大学病院での勤務は行わず研究に専念する形になります(もちろん外勤は可能です)。

社会人入試の場合は大学病院での勤務と研究を平行する形となります。研究が滞りなく進むよう、勤務については負担が大きくならぬよう十分に配慮いたします。

詳しくは、群馬大学大学院医学系研究科医科学専攻のサイトをご参照ください。

大学院生の声

人生には今しかできないことがあるはず。

大学院生ということで、恐れ多くも原稿依頼いただきました多田と申します。

私は今、社会人大学院生2年生がそろそろ終わるところです。

社会人大学院生なので、日中は医師として外来や手術、病棟業務を行い、空いた時間に実験をしています。

実際には業務の合間に時間を見つけてやっているのが実情で、夜遅くまで実験しなくてはならない日もあり、くじけそうになることも泣きたくなることもあります。

しかし、貴重な血液を研究のためにと快く提供してくださった患者さん、近松教授や留学中の秀先生をはじめ、医局の各先生方に多方面から協力や応援していただいて、何とか大学院生をやっています。

 

入局当時は1㎜たりとも、1秒たりとも、大学院に行こうとか研究をしようとかなんて思っていなかったのですが、遡ること2年半前、ひょんなことから国際学会に参加することになり、なんとなくそれが刺激になって『研究という分野に触れてみたい。何かしらの専門的知識や技術を習得したい。』と急に思い立ち、大学院へ進学することになりました。

当初は大学院に進学する予定ではなかったので、医局や家族にも迷惑をかけてしまいました(現在進行形です)。

ただ、人生には今しかできないことがあるはずで、『今』は『研究=大学院生』がやるべきことと思って、つらくとも楽しく毎日を過ごしています。

 

滝行を終えた後のような爽快感。

さて研究のお話です。

私は主に、患者さんの血液中におけるCirculating Tumor Cell(CTC:血液中を循環する微量ながん細胞)の有無を確認し、その性質について研究をしています。

癌細胞の特性を簡便に検知できるようになれば、それぞれの患者さんに応じて、より一層効果的な治療が提案できるかもしれませんし、転移や再発を鋭敏に予測できるようになるかもしれません。

そのような臨床的にも非常に興味深い研究テーマです。

実験の際には、数ng~μgの試薬を間違いなく混和させなくてはならず、とても集中力が必要です。

こんなにも無の境地、雑念を忘れて集中できる時間は実験時間以外にはなく、実験が無事に終わると、滝行を終えた後のような爽快感があります(滝行はしたことはありませんが…)。

意外とそんな時間が嫌いではない自分に驚いてもいます。

 

 

意欲のある人にはそれ相応のチャンスがある。

振り返れば、結婚するときも、群馬大学の耳鼻科に入局したときも、大学院生になろうとしたときも、人生の節目は動物的直感のみで行動している私ですが、2年前に直感的に『あとで後悔しないように大学院に入りたい』と、恥ずかしながらも近松教授や秀先生に相談して良かったなと思っています。

私たちの医局は、意欲のある人にはそれ相応のチャンスを与えてもらえるので、研究をしてみたい、国際学会に参加してみたいといった意欲のある人にも、ぴったりな医局だと思います。

宣伝になってしまい恐縮ですが、興味のある方は、群馬大学耳鼻咽喉科への入局をご検討ください!!!

 

最後に、日々刻々と刷新される新しい知見や技術に圧倒されながらも、自分自身や世界の同世代の研究者に負けないように、そして後輩のみなさんの刺激になれるように、残り2年?(2年で卒業できればよいですが…)大学院生を頑張っていきたいと思います。

PAGETOP