アレルギー外来

allergy

アレルギーについて

ヒトには外部からの異物を認識し除去する免疫系が備わっています。この反応が過剰に起こることをアレルギーと呼びます。アレルギー発症の機序にはまだまだ未知の部分が多く日々研究が進められていますが、遺伝的素因や抗原への過剰曝露、皮膚バリア破綻に伴う抗原の侵入などが発症に関わっていると言われています。

アレルギー性鼻炎

耳鼻咽喉科領域でアレルギーと言えばアレルギー性鼻炎が代表格です。中でもスギ花粉症は日本人に広く知られたアレルギー性鼻炎です。

アレルギー性鼻炎では抗原が鼻腔内に侵入し免疫系が刺激されることで鼻水・鼻詰まり・くしゃみ等の症状が引き起こされます。治療には内服薬や点鼻薬、下鼻甲介粘焼灼術、アレルゲン免疫療法などがあります。

薬物加療

内服薬や点鼻薬はアレルギー反応を抑えることで症状を緩和する方法で、アレルギー性鼻炎に対して最も広く行われています。市販薬として購入できる薬も多く最も簡便な治療である反面、根治性には乏しいと言えます。

手術加療

下鼻甲介粘焼灼術はアレルギー性鼻炎の主な反応の場である下鼻甲介粘膜をアルゴンプラズマ・炭酸ガスレーザーなどを用いて凝固・焼灼する治療法です。外来で保険適応下に受けることが可能です。徐々に鼻粘膜の機能が回復しますので効果の持続は1-2年程度が目安です。数年ごとに反復して受けることも出来ます。

上記以外の手術治療は下鼻甲介の一部を切除し減量する方法、下鼻甲介の骨を摘出し鼻腔内のスペースを拡げる方法、支配神経である後鼻神経を切断する方法などがあります。鼻中隔湾曲症の矯正手術と併せて行われることが多く、入院のうえ全身麻酔下に行うため身体への負担は大きくなります。

アレルゲン免疫療法(減感作療法)

抗原を反復して投与することで免疫寛容を誘導しアレルギー症状を緩和させる方法です。抗原エキスを舌下部に投与する舌下免疫療法が2014年にスギ花粉症に対して保険適応となりました。この方法は比較的簡便に行える反面、数年間毎日欠かさず行う必要があります。

当科での取り組み

・特異的IgE抗体検査を用いたアレルゲンの推定

・内服点鼻治療

・アルゴンプラズマを用いた下鼻甲介粘焼灼術

・手術療法(下鼻甲介切除術、下鼻甲介骨切除術)

・アレルゲン免疫療法(減感作療法)(スギ花粉症に対する舌下免疫療法は現在準備中です)

PAGETOP